若桜木虔メール通信添削講座のご案内 

◎指導方針……プロデビューを目指します。
 お申込みいただいたら、初回に「登場人物一覧&キャラクター設定・舞台&状況設定・おおまかなストーリー(いずれも800文字程度)」をお送り下さい。
 それを読めば、その<作品>がデビュー可能か否かの判断がつきます。たとえ良い作品でも、新人賞受賞デビューや持ち込みデビューが叶うとは限りませんが、絶対にデビューできない、予選で撥ねられる作品は明確に分かります。
 デビュー不可能な作品を通信添削するのは、時間と労力と月謝の無駄です。デビューできそうな作品のみを指導します。ジャンルは、エンターテインメントであれば何でもOKです。
「デビュー不能」と判定された設定でも、その中から使えそうな話の種や芽があれば、ミステリーのトリック、時代小説の時代考証まで含めて徹底指導します。
 新しい話づくりのヒントなどもお伝えしますので、意欲がある人なら、初回の設定に拘らずどんどん新しい作品にチャレンジすることが可能です。

 もちろん、期間内、枚数内であれば、すでに用意されている違う作品をお送りいただいても構いません。その際も、初回は上記の作品設定をお送りください。

 目標は5年以内のプロデビュー!  できれば、その後の作家生活に有利な新人賞デビューを狙います。
 これまでデビューした門下生の平均したデビューまでの期間は、3年。最短は半年です!

 漫画原作の添削をご希望の方は・・
  すぎたとおる漫画原作メール通信添削講座 へ

 2011年 読売新聞多摩版に紹介されました。    

 2010年 総括 は、こちらのとおりです

プロ作家をめざす 新人賞予選突破作品

「時武ぼたんさん、ゴールデンエレファント賞 大賞受賞」

第4回「ゴールデン・エレファント賞」 大賞 時武ぼたん『水兵リーベ僕の艦』


 ゴールデン・エレファント賞シリーズ として 刊行

時武さんの体験記はこちら


朝日時代小説大賞・小説現代長編新人賞W受賞 仁志耕一郎 さん

新聞記事仁志耕一郎 さん

 

仁志さんの体験談はこちら


「高橋忍さん、ゴールデンエレファント賞 特別賞受賞」

第3回「ゴールデン・エレファント賞」 特別賞 高橋忍『エリッサ様、前方に敵艦を発見しました』


「第三回 ノベルなび大賞 受賞」――七尾有美(筆名・七尾美日) さん



七尾さんの受賞体験記はこちらより


「平茂寛さん、第3回朝日時代小説大賞受賞」「三笠咲さん、同賞 最終選考候補」



                       ★↑ 選者講評 クリックすると大きな画像でごらんいただけます

平茂さんの受賞体験記はこちらより    平茂さんのブログはこちらより

★記事 ↓クリックする大きな画像でお読みいただけます。



「山田剛さん、歴史群像大賞佳作受賞」



山田さんの受賞体験記はこちらより

出版が決まりました。「大江戸旅の用心棒 雪見の刺客」(学研M文庫)


 過去(2010年まで)の受賞作品については、こちら。

 優秀な作品、受講生に対しては、編集者の紹介もします。   受講生からの良くある質問はこちらをご覧ください  

 
《講師による「小説講座」テキスト群》
      


  


体験談 ■角川春樹小説賞 受賞体験記 鳴神 響一さんNew!
  ■小説現代長編新人賞受賞者 小島環さんNew!
  ■第四回 ゴールデン・エレファント賞大賞を受賞して 時武ぼたん さん
  ■朝日時代小説大賞・小説現代長編新人賞W受賞体験談 仁志耕一郎 さん
  ■日本ファンタジー大賞で一次選考を通過して 波多野智美 さん
  ■老いたジョーの挑戦――松本清張賞、二次選考(ベスト10)を通過して 矢代正幸 さん
  ■スーパーダッシュ小説新人賞 二次選考を通過して 大谷 健輔 さん
  ■十一月五日に第三回ノベルなび大賞を受賞しました――七尾有美(筆名・七尾美日) さん
  ■「日本ラブストーリー大賞」応募体験記 七尾有美 さん
  ■第3回朝日時代小説大賞受賞体験談 岡山県 平茂 寛さん
  ■ 『アガサ・クリスティー賞、予選通過14作品に残って』 香川由美 さん
  ■朝日時代小説大賞応募体験談 服田さん
  ■角川春樹小説賞に応募して『我儘な弟子』 風花千里さん
  ■「きらら文学賞」応募体験記  木村啓之介さん
  ■第17回歴史群像大賞佳作に選ばれて 山田剛さん
  ■第十六回スニーカー大賞 最終選考候補に残って 白藤公則さん
  ■『このライトノベルがすごい!』大賞二次選考(613作品中23作品)を通過して 屋武彌志さん
  ■『パラドックス・サマー』が『このライトノベルがすごい!』大賞二次選考を通過して  虹色白さん
  ■松本清張賞、二度、二次選考を通過して  『二次止まりを抜け出したいの叫び』  秋津野純さん
  ■『角川春樹小説賞一次選考通過の19作品に残って』在田基了さん
  ■《きらら文学賞》に応募、一次選考を通過して 五味渕 惠さん
  ■TBSドラマ原作大賞最終候補に残って 鈴城なつみちさん
  ■【TBSドラマ原作大賞応募体験談】MAさん 
  ■石川渓月さん 日本ミステリー文学大賞新人賞受賞体験談
  ■高田在子さん 朝日時代小説大賞体験談
  ■有間香さん 講座卒業によせて
  ■藤原葉子 さん  『幽』怪談文学賞佳作受賞 メール講座受講体験記
  ■S・Oさん  「オール読物新人賞」応募体験
  ■CKさん  《日本ミステリー文学大賞新人賞》の応募体験談
  ■理河 舜さん  《ちよだ文学賞》の応募体験談
  ■瑞山 葵さん  集英社ロマン大賞三次予選通過体験談
  ■田牧大和さん(第2回・小説現代長編新人賞受賞) 講座卒業に寄せて
  ■神田川一さん ジャンプノベル大賞惜敗の記
  ■加藤廣(作家) 若桜木先生との出会い
   
※ブログ

■現在進行形の受講生体験談(Hさん)

 

■現在進行形の受講生体験談(Sさん)

 

■現在進行形の受講生体験談(Kさん) mixiの日記です。

  ■現在進行形の受講生体験談(TNさん)
  ■現在進行形の受講生体験談(OMさん) mixiの日記です。
  ■現在進行形の受講生体験談(MKさん)
  ■現在進行形の受講生体験談(SAさん)
  ■現在進行形の受講生体験談(MTさん)
  ■現在進行形の受講生体験談(NMさん)
  ■現在進行形の受講生体験談(NTさん)
  ■現在進行形の受講生体験談(HMさん)
  ■現在進行形の受講生体験談(TMさん)
  朝日時代小説大賞 平茂 寛さん

★まず、下記フォームでご連絡ください。 折り返し、原稿送付先をご連絡差し上げます。
★添削は、フォーム下部にあります振込先への入金を確認後、作業に入ります。

(A)月謝5000円コース……1カ月の添削指導枚数100枚まで。1回の添削指導枚数は20枚まで。
(B)月謝10000円コース……1カ月の添削指導枚数210枚まで。1回の添削指導枚数は22枚まで。
(C)月謝15000円コース……1カ月の添削指導枚数320枚まで。1回の添削指導枚数は24枚まで。
(D)月謝20000円コース……1カ月の添削指導枚数435枚まで。1回の添削指導枚数は27枚まで。
(E)月謝25000円コース……1カ月の添削指導枚数550枚まで。1回の添削指導枚数は30枚まで。
(F)月謝30000円コース……1カ月の添削指導枚数670枚まで。1回の添削指導枚数は35枚まで。
(G)月謝35000円コース……1カ月の添削指導枚数800枚まで。1回の添削指導枚数は40枚まで。

(いずれも400字詰め原稿用紙換算です)
※規定の枚数を超えない限り、回数に制限はありません。
※小田急線・JR横浜線沿線在住の方は、町田で開講されている小説講座を受講されることもおすすめします。
よみうりカルチャー町田 第1・第3週金曜日18:30〜20:30、第1・第3週土曜日16:30〜18:30。小田急線からが至便)
NHKカルチャー町田 第2・4土曜 16:00〜18:00。JR横浜線からが至便)
※通信添削講座は、1カ月おきなどの飛び飛び受講もOK。



=ご注意!=

不着事故が増えています! ご注意ください。
こちらからご連絡のメールを差し上げても、届かない方がいらっしゃいます。
念のために、必ず複数のアドレスをご登録ください。
なお、心当たりのある方は、再度、ご連絡ください。
添削の申込みをされると、数日中にはお返事を差し上げています。
数日経っても、返事が届かない場合は、不着事故・アドレスの間違い等が考えられますので、
再度のお問い合わせをお願いいたします。


添削申込み・お問い合わせは 若桜木虔メール通信添削講座申込みフォーム 
(別ページが開きます)

  お申込み・ご質問の前に よくある質問(FQA)の全文を良くお読みください 

 注意事項:サブメールアドレス1・2に、予備のアドレスをご入力ください。
        メールの不達事故が増えていますので、E-Mail欄のアドレスで届かなかった等場合に使用します。
        携帯メールのアドレスでもOKです。
        フリーメール(ヤフー・ホットメール等)での不着事故も増えていますので、メインのアドレスには
        確実に連絡の取れるアドレスをご登録ください。

 申込みコースは、下記からお選びください。

(A)月謝5000円コース……1カ月の添削指導枚数100枚まで。1回の添削指導枚数は20枚まで。
(B)月謝10000円コース……1カ月の添削指導枚数210枚まで。1回の添削指導枚数は22枚まで。
(C)月謝15000円コース……1カ月の添削指導枚数320枚まで。1回の添削指導枚数は24枚まで。
(D)月謝20000円コース……1カ月の添削指導枚数435枚まで。1回の添削指導枚数は27枚まで。
(E)月謝25000円コース……1カ月の添削指導枚数550枚まで。1回の添削指導枚数は30枚まで。
(F)月謝30000円コース……1カ月の添削指導枚数670枚まで。1回の添削指導枚数は35枚まで。
(G)月謝35000円コース……1カ月の添削指導枚数800枚まで。1回の添削指導枚数は40枚まで。

 その他の欄には、質問事項等をご記入ください。

若桜木虔メール通信添削講座申込みフォーム

添削料金振込先:
 三菱東京UFJ銀行町田駅前支店(普通)4513948 若桜木虔
 郵便 振替口座 00200−9−48091 若桜木虔(わかさき・けん)
 みずほ銀行新橋支店(普通)1622271 (有)若桜木プロダクション
  (海外および他行からの送金は郵便振替口座のほうが手数料が安くなります)

 

特定商取引法に基づく表記

ホームページへ